警視庁が公開する、テレワーク勤務の”サイバーセキュリティ対策”

リスクと保険

警視庁のサイトでは、「テレワーク勤務のサイバーセキュリティ対策!」というページが公開されている。

次のようなテーマごとに、実施できる対策を挙げている。

・テレワークで使用するパソコン等(タブレット、スマートフォン)

・通信経路

・パスワード

・自宅のWi-Fiルータを使用するとき

・Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)やサテライトオフィスを利用するとき

・電子メール

そのほか分かりやすい動画やチラシも見ることができる。

サイバー犯罪被害防止対策用短編アニメーション映像 テレワーク勤務時のセキュリティ基本篇

最近増えているテレワークでは、マルウェア(ウイルス)への感染リスクが高くなっている。

業務が行えなくなったり、重要なデータが流出し、業務に大きな影響を与えることが考えられる。

情報漏洩などに対応する保険もあるが、まずはリスクを小さくする努力を最大限実行しておくことも必要だ。

★そのほかのニュースは@igawasin5でチェック。注目newsのヘッドラインをtweet。

過去の関連記事

自営型テレワークを学ぶEラーニング。厚生労働省「在宅就業者総合支援事業」

フリーランス・副業向け”467サービス”のカオスマップ(リンク付)

タイトルとURLをコピーしました