保育士向けに”自治体の支援制度”を解説する動画配信がスタート

ライフプランニング・リタイアメントプランニング

2021年4月2日、ネクストビートが、「保育士に関する自治体の支援制度・補助金についてのアンケート調査」とオリジナル動画配信のスタートについて発表した。

ネクストビートは、保育士・幼稚園教諭向け転職支援事業「保育士バンク!」を運営する企業。

アンケートの調査期間は、2021年3月28日~30日。「保育士バンク!」のSNS閲覧者を対象に、260名の有効回答を集めている。

調査では「お勤めの園が所在する自治体の、保育士に対する支援制度や補助金(例:奨学金の返済支援や住居借り上げ支援等)について知っていますか?」とたずねた。

その結果、保育士に関する自治体の支援制度・補助金について、「まったく知らない」が約55.4%だった。

以下、「なんとなく知っている」が40%、「詳しく知っている」は4.2%だった。

また、「現在お勤めしている園が所在する自治体の、保育士に対する支援制度や補助金(例:奨学金の返済支援や住居借り上げ支援等)を活用していますか?」という質問もおこなった。

その結果、保育士の76.2%が、現在勤めている園が所在する自治体の支援制度・補助金を「活用していない」と回答した。

「活用している」保育士は、約16.2%だった。

同社では調査を踏まえ、自治体の支援制度・補助金についてわかりやすく解説するオリジナル動画配信をスタートした。

保育士や保育施設を対象に情報を伝える、「保育士バンク!公式YouTube channel」でおこなう。

保育士必見!!葛飾区独自の保育支援事業【保育士バンク】

お金に関しては、国は地方自治体の支援制度・補助金がさまざま存在する。

しかし存在を知らないために、活用できていないものも多いようだ。

自分が対象となっているものがあるかどうか、自分から探すことも必要だろう。

家計が改善したり、ライフプランを実現する費用のめどが付いたり、役立つものがあるかもしれない。

★そのほかのニュースは@igawasin5でチェック。注目newsのヘッドラインをtweet。

過去の関連記事

厚生労働省が公表した「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の拡充について

就職氷河期世代への支援ポータルサイト「ゆきどけ荘」が公開される

タイトルとURLをコピーしました