年金

ライフプランニング・リタイアメントプランニング

厚生労働省が”公的年金シミュレーター”を公開

2022年4月25日、厚生労働省が、「公的年金シミュレーター」の試験運用を開始した。 「公的年金シミュレーター」は、働き方・暮らし方の変化に応じて、将来受給可能な年金額を簡単に試算できるツール。 PC・スマートフォンから利用可能...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

「70代」での検索、5年間で50倍以上に。”求人検索エンジン”による調査

2022年4月13日、Indeed Japanが、高年齢層の仕事探しの状況について、検索動向調査を実施した結果を公表した。 Indeed Japanは、求人検索エンジン 「Indeed (インディード)」の日本法人。 2021年...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

漫画「年金のひみつ」を含む、厚生労働省の年金広報活動が賞を受ける

厚生労働省の年金広報活動が、ISSA Good Practice Award 特別優秀賞を受賞した。 ISSA Good Practice Awardは、ISSA(国際社会保障協会)が、政府機関を対象として3年ごとに社会保障機関の優れ...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

YouTube動画、「健康保険・厚生年金保険事務手続きガイド」

日本年金機構のサイトでは、”健康保険・厚生年金保険事務手続きガイド【動画】”というページを公開している。 動画は、事業所の事業主や事務担当者などに向けたもの。 社会保険事務を担当する人に、健康保険や厚生年金保険の制度や代表的な届...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

2022年4月から”年金制度が改正”。66.3%が「知らない」

2022年2月16日、日本マーケティングリサーチ機構が、「年金制度」に関する調査の結果を公表した。 調査期間は、2022年1月13日~2月10日。対象は、日本全国の10~70代の男女。有効回答数は1,257人。 調査結果は次のと...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

受給開始を「66歳~70歳」に繰り下げたい、は28.0%。”年金の受け取り年齢”に関する調査

2022年2月9日、日本トレンドリサーチが、「年金の受け取り年齢に関するアンケート」の結果を公表した。 日本トレンドリサーチは、株式会社NEXERが運営するサイト。 調査期間は、2022年2月4日~7日。男女を対象に、1,250...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

自動の対話形式で24時間対応。日本年金機構の”相談チャット”

日本年金機構のサイトには、「相談チャット総合窓口」というページが用意されている。 チャットボットが、一般的な問い合わせに対し、自動の対話形式で24時間対応する。 用意されているカテゴリは6つ。 ・年金相談のインターネット予...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

受給できる公的年金の種類は3つ。老齢年金、障害年金、遺族年金

日本年金機構のサイトでは、受給できる年金の種類を知ることができる。 受給できる年金の種類は3つ。 老齢年金、障害年金、遺族年金だ。 老齢年金は65歳から受け取とれる年金で、老後の生活資金となる。 年金というとこのイメ...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

年金を増やすには、”付加年金”と”保険料の追納制度”

日本年金機構のサイトでは、”付加年金”と”保険料の追納制度”について知ることができる。 どちらも将来受け取る年金を、増やすことにつながるものだ。 ”付加年金”は、月額400円の付加保険料を納めることで受け取れる。 ただし付...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

認知症発症後の公的年金を”つかえる”ように。「年金自動追加信託サービス」開始

2020年3月31日、三井住友信託銀行が、「人生100年応援信託〈100年パスポート〉」の新機能として、「年金自動追加信託サービス」の取り扱いを開始することを発表した。 「人生100年応援信託〈100年パスポート〉」は、資金の保全・管...
タイトルとURLをコピーしました