老後資金

ライフプランニング・リタイアメントプランニング

書籍 「結局、年金は何歳でもらうのが一番トクなのか」が発売される

2022年7月22日、タンクフルが、書籍 「結局、年金は何歳でもらうのが一番トクなのか」の発売を発表した。 タンクフルは、書籍プロデュースやオウンドメディア、Webサイトコンテンツの企画・制作・編集を手がける企業。 「結局、年金...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

フリーランスの老後資金は「株式・投資信託など」が最多。4割が70歳以上も働きたいと回答

2022年6月24日、GMOクリエイターズネットワークが、フリーランスの働き方についての調査結果を公開した。 調査期間は、2022年5月17日~22日。「FREENANCE byGMO」に登録しているユーザー596名からの回答を集計し...
金融資産運用設計

”老後2,000万円問題”順調に備えられているのは約3割。「投資・副業に関する調査」

2022年1月27日、外為どっとコムが、「投資・副業に関する調査」の結果を公開した。 調査期間は、2022年1月6日~11日。銀行預金以外の投資に興味がある18歳~60代の男女500名を対象に調べている。内訳は、[性別]男性(n=25...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

”世帯年収は500万円台”が最多。「令和の子育て世代のお金事情」

2022年1月26日、「HugKum」(はぐくむ)が、「令和の子育て世代のお金事情」についての調査結果を公開した。 「HugKum」は、小学館の第一児童学習局が運営する育児メディア。 調査期間は、2021年12月15日〜2022...
金融資産運用設計

金融機関と商品選びをサポートする”iDeCo(イデコ)ナビ”がリニューアル

2021年10月1日、DC・iDeCo協会が、「iDeCoナビ」のリニューアルを発表した。 iDeCoナビは第三者の立場から、加入者になろうとユーザーの金融機関選びと運用商品選びを支援するサイト。 2015年7月に開設され、現在...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

自動の対話形式で24時間対応。日本年金機構の”相談チャット”

日本年金機構のサイトには、「相談チャット総合窓口」というページが用意されている。 チャットボットが、一般的な問い合わせに対し、自動の対話形式で24時間対応する。 用意されているカテゴリは6つ。 ・年金相談のインターネット予...
金融資産運用設計

YouTubeチャンネル「お金のまなびば!」登録者数が証券・運用会社公式として1位に

2021年5月31日、レオス・キャピタルワークスが、YouTubeチャンネル「お金のまなびば!」の登録者数が8万人を突破したと発表した。 レオス・キャピタルワークスは、投資信託「ひふみ」シリーズを運用する企業。 「お金のまなびば...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

「ねんきん定期便」をスマホで撮影して使う、「公的年金シミュレーション」機能が登場

2021年1月29日、アドバンスクリエイトは、同社が開発した保険証券管理アプリ「folder」に、「公的年金シミュレーション」機能を追加したことを発表した。 アドバンスクリエイトは、保険選びサイト「保険市場」を運営する企業。 保...
不動産運用設計

老後の”住宅・資金”の悩みを解決。『リバースモーゲージの学校』を公開

2020年4月30日、iYellが、『リバースモーゲージの学校』の公開を発表した。 iYellは、テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供する、住宅ローンテック企業。 リバースモーゲージとは、高齢者が居住する住宅や土地などの...
ライフプランニング・リタイアメントプランニング

平成・ロスジェネ・バブル。世代別の生活価値観・住まいに関する意識調査

2020年1月8日、カーディフ生命保険が、「生活価値観・住まいに関する意識調査」を公開した。 本調査では、「平成世代」「ロスジェネ世代」「バブル世代」の3つに世代を区切り、比較調査を実施している。 調査期間は、2019年9月20...
タイトルとURLをコピーしました